保育・教育実習

1年次 教育実習Ⅰ(6月に1週間) 保育実習Ⅰ(保育所:10月に2週間)2年次 保育実習Ⅰ(施設:6月に2週間)保育実習Ⅱ(8月下旬から2週間)教育実習Ⅱ(10月に3週間)

現場での保育実践はたくさんの発見と学びの場。新潟中央短期大学では、直接子どもたちと触れ合う中で、教育の難しさ、楽しさを経験し、子どもたちと一緒に成長していきます。

1日のタイムスケジュール 幼児教育課1年

実習ノート

1日責任実習での主活動で運動遊びを行いました。そこで学んだことは静と動の遊びを子ども達の様子などを見ながら使い分けることです。体を動かす動の遊びばかりしてしまうと子ども達も疲れ過ぎてしまうので静の製作する遊びなどを取り入れていくことを考えながら保育をする大切さを改めて知ることができました。

1日のタイムスケジュール 幼児教育科2年

実習ノート

0歳から5歳まで全てのクラスを1日~2日ずつ実習させて頂き、それぞれの月齢や年齢、発達段階に合わせて接し方や援助方法、言葉掛けが違ってきます。給食の支度など子どもたちは時間が少しかかっても自らやろうとしているときは、直接的な援助は行わず、子どもたちの挑戦する姿を認め、“見守ること”も大切な援助方法の1つだと改めて感じました。

おもしろ体験談 ここだけの話

抱っこのしすぎで
  腕が筋肉痛に…!

教育実習 ここがpoint!

保育者は子どもの心を育てる職業ですから、子どもたち一人ひとりの心をどれだけ読みとれるかが1つのポイントとなるでしょう。また、子どもの心とともに保育者の言動の意図についても感じとって欲しいと思います。目に見えないものを読みとるのはそう簡単ではありませんよね。そんな時は遠慮せず保育者に尋ねてみるとよいでしょう。思いもよらない子どもの気持ちや保育者の意図にきっと驚かされると思います。